こんにちは。ウェディングミュゼのにnoguです。

花冠といえば花嫁さま…今はウェディングの中で人気定番のヘッドドレスです♪

ウェディングだけではなく、今はライブやフェスで女の子がつけて行くのもよく見かけ少し身近にも感じますが、ウェディングの他の小物と一緒で、実際、つけ方など知らない事も多いはず。

ミュゼでは、【花冠+リボンの編み込みコーデ】【花冠にお花パーツを追加して花冠アレンジ♪】など、花冠のアレンジ方法を詳しくご紹介してます♪

今日は、仕上がりが綺麗に見える!そして、ヘアメイクのリハーサルや海外挙式などでも安心して持っていける!花冠の長さ調整の仕方を詳しくご紹介^^↓↓


花冠でいろんなスタイルを楽しみたいなら、花冠のデザインは小さめ+リボンでプラス小花パーツ


ヘッドドレス 花冠

花冠  ヌーディベージュのミニバラとグリーンの花冠

もし、花冠のつけ方で迷っていたり、一つの花冠でいろんなスタイルを楽しんでイメージを変えたいって場合でも、花冠を用意する際に、少し工夫するだけでそれが可能になります♪

花冠は自分の頭の大きさよりもサイズは少し小さ目に用意!

頭のジャストサイズで用意するイメージがあると思いますが、私は頭のサイズよりも約5~㎝程小さいサイズをおすすめします。ここでポイントになるのは花冠をつけるのは決まっていてもつけ方を迷っていたり、一つの花冠でいろんなスタイルを楽しみたいって事です。大きいサイズで用意してしまうと、斜めに小さい花冠をちょこんっと乗せたいってなった時に難しくなります。自分の頭のサイズよりも小さめで用意すれば、定番のおでこにあてたスタイル、斜めにのせたスタイル、カチューシャ風スタイル…いろいろと試してもらえます。えっ?でもつけるサイズが小さいと頭に入らないんじゃない?って疑問が出てきますよね?その疑問のお答えは…

花冠はリボンで結ぶデザインで用意!!

ミュゼで作っている花冠は、リボンで結んで頭につけるデザインです。花冠をリボンで結ぶ事によって、花冠の長さの調整が可能に先ほどの疑問『えっ?でもつけるサイズが小さいと頭に入らないんじゃない?』って疑問も解決!あえてリボンにこだわったつけ方をすると、後ろ姿も華やかになります。

最後に小花のパーツでデザインの幅を広げる!

花冠の後ろをリボンで結ぶので、何もしない状態だとリボンを見せてつけるようなスタイルになります。もちろん、お気に入りのリボンを見せたスタイルにするのも人気なのですが、リボンを見せたくないって場合もありますよね?その時は、リボンを短く切って、リボンを隠すようにしてピック状にした小花パーツ(ワイヤーを通して頭に付けれる状態)をつければ、一つの輪っかを付けたような見え方になります。ミュゼの花冠は小花のパーツはセットでついているので、リボンを隠さない場合は、ちらしてつけたり、花冠の一部分に固めてつけてボリュームをつけたりもしていただけます^^

花冠の小さめ+リボンデザインプラス小花パーツのメリットがいっぱい♡

この3つのポイントで花冠を用意すれば、ヘアメイクのリハーサルに用意して持って行っても安心ですし、いろんなスタイルを試す事ができます。お色直しをする場合でも、同じ花冠を使って、髪形・花冠のつけ方を変えればイメージががらりと違う花嫁になれます。ヘアメイクリハーサルがない事が多い海外挙式でも、当日現地でぶっつけ本番でも安心^^

次は、そのつけ方を動画でご紹介します♪


実際の花冠の長さ調整を動画でご紹介!


今回の動画は、長さを調整した後にリボンを隠すつけ方をご紹介しました。自分やお友達に花冠をつけてもらう場合でも、小花のパーツを刺して並べるだけなので綺麗に簡単に花冠の長さを調整できます^^


最後に…


いかがでしたか?

どんな花冠のスタイルが、自分と合うかわからなくて悩んでいたら是非参考にしてください。きっと、ベストな花冠スタイルが見つかるはずです^^そしたら、花冠をつける日がより楽しみになるはずです!

 

ミュゼのホームページはこちら

ミュゼのヘッドドレスのページはこちらです。