ウェディングブーケの持ち手の種類

こんにちは!

ウェディングミュゼのたにもとです。

 

今日は、ウェデイングブーケの持ち手のお話です。

ブーケの持ち手ってどんな風になっているかご存知ですか?

意外といままで、ブーケの持ち手の部分まで気にしたことがなかった方、多いのではないでしょうか。

では、では、今日も一緒にみてみましょう!!


リボンで巻き上げるウェディングブーケの持ち手


一般的にこのリボンで巻き上げるスタイルが一番多いのではないでしょうか。

ブーケの持ち手は通常、こんな風にリボンで巻き上げています。

010115600_5

『シルクフラワーウェディングブーケ【ラウンドブーケ】 アンティーク

これは、ラウンドブーケだけでなく、キャスケードブーケや、ティアドロップブーケでも同じです。

一番よくみかけるスタイルですね。

では、そのほかにどんな持ち手があるのでしょうか。


ナチュラルステムのブーケ


リボンの巻き上げ以外に、ナチュラルステムといって、お花を束ねたイメージで、茎がそのまま持ち手になったように仕上げる方法もあるのです。
そのようなブーケはクラッチブーケとも呼ばれてます。

ナチュラルステムはミュゼでも、以前からずっと人気のスタイルです。

010121400_3

『ウェディングブーケ【ラウンドブーケ】グリーンベルとホワイト&グリーン小花のラウンドブーケ

お花を束ねたイメージのため、やはりラウンドブーケに主に使われます。一般的なキャスケードブーケの形にナチュラルステムを合わせると、ステム(茎)とお花の角度が不自然になることが多いため、あまり一般的ではありません。

(造花では制作可能ですが、生花だと茎とお花に角度がついたりしていたら、不自然ですものね。生花で不自然な流れを造花ではしないことが、造花のブーケをよりナチュラルに見せるポイントです♪)

ナチュラルステムは名前の通り(笑)とてもナチュラルな印象に仕上がります。

ですので、お花も自然に束ねたようなブーケと、とても相性のいい持ち手になります。

 

ミュゼのブーケは持ち手を、『リボンに変更』、『ナチュラルステムに変更』など、お好みでプチオーダーが可能です。

どちらのスタイルがお好きですか?

気になったら、ぜひご相談くださいね。

 

ミュゼのウェディングブーケのページはこちらです。