サイズ(長さ)調整できるミュゼの花冠

こんにちは!ウェディングミュゼのたにもとです!!

もうすっかりウェディングの髪飾りの定番になった花冠。
アレンジもより自分らしく、より個性的になってきました!
そして、何よりご自分に合うスタイルをとってもよく研究されている気がします。
でも、花冠のサイズってどうなってるのかな?と思っている花嫁さんも多いのではないでしょうか。

実は、結構しっかり事前に頭のサイズを測っていても、花冠は付け方や髪型によっても、結局必要な長さが変わってしまう事ってよくあります。

例えば、頭の上にのせるように付ける場合、額にあてて水平に付ける場合、カチューシャのように、少し後ろを下げるように付ける場合・・・など、同じ花嫁さんが同じ髪型に合わせても、輪のサイズは変わってきます。

普段、つけることのない花冠だけに、初めはこんな風につけよう!と思って、きちんと長さを測って用意しても、ヘアメイクさんとのリハーサルなどで、あれ?こんなのも素敵♩いや〜ん、これも似合ってしまった♩笑 な〜んてことになって、初めに考えていた付け方と変えちゃうことも珍しくありません!

でも慌てないで下さいね 笑

ミュゼの花冠のサイズは、そんな時でも安心してヘアメイクさんに調整してもらえるよう、こんな風になっています♪


1.リボンで花冠のサイズ(長さ)を調節



花冠 後姿


こちらは花冠の後ろ姿♩

まずは、やっぱりリボンで長さ調整するのが、一番簡単な方法。
全部輪っかがお花になっている必要はありません。

上のモデルさんのように、あえてリボンを見せてしまって大丈夫なのです!
リボンもアクセントになって、ナチュラル感のある花冠にキレイ目テイストがプラスされます。

花冠のテイストに合わせて、リボンをレースなどにかえても素敵♩


2.花冠に小花をプラスしてサイズを調整する。


花冠の長さ調整
では、花冠の輪、すべてをお花で仕上げたい場合は、どうしましょう・・。
さきほども、述べたように、付け方によって必要サイズのかわる花冠をジャストサイズで用意しておくというのは、少々難しいのです。
そんな時のために、ミュゼでは、花冠に小花のパーツを(デザインによりますが)5輪ほどお付けしています。

花冠を付けた後、お花の足りない部分にその小花を足すことにより、初めから全てお花で輪になっているかのように仕上げることができるのです。
リボンを見せたくない場合は、リボンを結んでから短くカットしてしまってOK!!

またその小花を花冠に使わなかった場合は、髪の毛に散らすようにアレンジすることも可能なので、また違った印象にするのにも役立ちます。


※小花で花冠の長さを調整するつけ方を動画でよりわかりやすくご紹介!


実際つけているのを動画で見ていただくとわかりやすいです♪

見ていただいた通り、小花パーツを一つ一つつけていただく事で、リボンに上に合わせてより上手に                         長さ調整していただけます。

動画では、小花パーツをさした後、固定はしていませんが、よりしっかり止めるには、ヘアピンやUピンを使って固定していただくといいですよ♪


いかがでしたでしょうか。

1.花冠の長さをはじめにきっちりと決めてしまうのは難しい。
2.でも、リボンで調整したり、小花を足して長さを調整することで簡単にちょうどいいサイズに調整できる。

・・・というのがわかっていただけたと思います。

どのように花冠を付けるか・・・というのは、花嫁さんが一番悩む所であり、また楽しみでもあるはずです。
サイズ調整のことは気にせずに、へアメイクさんと相談し、実際に花冠と髪形をいろいろ組み合わせて試して、自分のベストを見つけるヒントになればいいなと思います。

この結婚式の準備の工程も、結婚式当日と同じくらいきっと楽しい思い出になるはずです。

どうか、素敵な花冠に出会えますように♩

 

ミュゼのヘッドドレス・花冠のページはこちらです。

ミュゼのヘッドドレスのページはこちらです。