お花をプラスしていろんな花冠コーデを楽しもう

こんにちは!!ウェディングミュゼのたにもとです。

花嫁さんの定番アイテムの花冠。

人気のアイテム花冠を、より自分らしくコーディネートして、他の花嫁さんとの差をつける!
そんな花冠コーデの秘訣をご紹介。
 
ちょっとした工夫と簡単なアレンジで、新鮮な花冠スタイルが完成します。
花冠の工夫と簡単なアレンジを知っていれば、挙式→披露宴や海外挙式→帰ってからの二次会などなど、ひとつの花冠も、少し違うイメージで活躍してくれるはずです。
 

まずは花冠をそのままでコーディネート


まずは花冠のそのままのボリュームでコーディネートしたものをご紹介します。

こちらの花冠のつけ方は、ゆるく編み込みしサイドダウンにしたヘアスタイルに、頭の上にポンッと乗せた花冠コーデ。

よく見ていただくと、頭と並行に花冠を乗せず、少し斜めに乗せてますよね?サイドダウンで片側に髪の毛のボリュームをもってきているので、全体のバランスをよくするため花冠を斜めに乗せて工夫しています。

566-500【花冠】 ヌーディベージュのミニバラとグリーンの花冠

写真のモデルさんは、少し重ための前髪とトーンが暗めの髪色というのもあって、前髪の上に花冠をつけています。
前髪にかぶせて花冠をつけてしまうと、目元に影ができたりやぼったくみえるので、このつけ方がベスト。

もし、前髪をセンター分けにしているのであれば、おでこにつけた定番スタイルでもOK♪その際は、お花のボリュームに気をつけるのがポイントです。

綺麗にメイクしたお顔に影ができてしまってはもったいないですよね。王道な花冠スタイルの時も必ず、お顔の表情が明るく見える工夫が必要なのを忘れずに!

次は、この王道な花冠スタイルから、お花パーツをプラスして違った印象にしていきます♪

 


 花冠にお花パーツをプラスして、また違った印象に・・・


花冠と同じお花で、1輪ずつバラバラになっているパーツをいくつか用意します。                                 バラバラになっているお花パーツは元の花冠をベースにアレンジの自由がきくのでとっても便利♪

例えば、結婚式でよくある写真のショットって、横顔だったりしますよね?

その横顔を写真で撮った時に、華やかに美しく見せたいっ!となると、耳の上辺りにお花のボリュームがあるといいのです。

王道花冠スタイルをベースに、小花のパーツを使ってアレンジしたのがこちら♪↓↓

 

549-500

後からお花を付け足した感じがなく、バランスよくベースの花冠と馴染んでます。

お花の種類や向きなどを自由自在に使えるピック(お花の根本にワイヤーを通し、テープで巻いた物)にしたお花のパーツだからこそ 違和感なく付け足しができるんです。                                               

正面から見ても、横からみてもボリュームがあって華やかな花冠に。

ちょっとした変化ですが、これに髪形をかえてみたりするとより印象が変わってきます。

 

挙式・披露宴で使った花冠を二次会で使いたいけど、もっと違う印象に変えたい!って場合もあります。

そんな時は、後から付け足す小花パーツをベースの花冠と違った色目で用意してみるのもあり。

少し難易度が高いように思われますが、ベースよりも濃い色、または薄い色、そして、グリーン(葉やツル状の物)なんかをベースに考えると、本来の花冠の良さをそのまま残し、印象をがらりと変えるとまとまりがよくなりますよ。

 


いかがですか?

今回は、わかりやすいように、同じヘアスタイルで比較してみました。

こういった花冠コーデの仕方を知っていれば、花冠一つでいろんなバリエーションを楽しめます♪

なんとっても、本番前のヘアメイクのリハーサルや、海外挙式でリハーサルできない!って時に安心して、そして自信をもって持っていけますよね^^     

・・・・きっと心強いアイテムの一つになるはず!!

ミュゼのヘッドドレス・花冠のページはこちらです。

ミュゼのヘッドドレスのページはこちらです。

※2017年2月15日に編集