ウェディングのヘッドドレス(髪飾り)・ボンネのつけ方を動画でご紹介♪

こんにちは。ウェディングミュゼのnoguです。

近頃のトレンドレスといえば、軽やかな総レースなドレス。
どこかクラシックでヴィンテージな雰囲気が素敵♡

 

そんなドレスに私がおすすめしたいヘッドドレスがボンネ。
レースや生地、パールをベースに使ったボンネは、お花とティアラとはまた違った魅力があります。
今日は、そんなボンネのつけ方をご紹介しますね。

ミュゼの小物の撮影には、今もバリバリ結婚式の現場やTV局で活躍しているヘアメイクさんたち(みんなセンスと腕は確かで心強い!)のご協力のもとに行っています。
なのでつけ方はもちろん、ヘアスタイルなんかも必見ですよ^^


ボンネをつける前のベースの髪形はこんな感じ♪


まず、ボンネをつける前の髪形がこちら。

コテでナミウェーブを髪全体に作っていきます。
ここで丁寧に、そして髪全体に綺麗なウェーブを作る事によって、仕上がりの雰囲気が変わってくるんです♪そして、ゆる~~いっ、編み込みをいれたら、ゆるふわのアップスタイルが完成!

編み込みヘアスタイル

正面

前髪にもコテでナミウェーブを作ってあげると、重たくならずふんわりと優しい印象に♪ バックスタイルくしゅくしゅったした髪形がなんともきゅんっとしちゃいます♡

編み込みヘアスタイル

全部まとめあげず、髪の束を少し残す事で、横顔も華やかに。
少なすぎず、多すぎず束をとるのがポイントです!

編み込みヘアスタイル バックスタイル

バックスタイル

丁寧に髪へ入れたナミウェーブと編み込みによってこんなに華やかなバックスタイルに。

ここまで、華やかできれいなヘアスタイルに仕上がったら、これだけでもいい感じ♪ってなっちゃいますが、ここでボンネを入れる事でよりドレスとの相性がよくなり、全体の印象が変わってくるんです。


ボンネのつけ方がこちら♪♪


実際、ヘアメイクさんがボンネをつけているのがこちら↓↓

ミュゼのボンネには、コームやクリップタイプのものがあります。

今回は、コームタイプのボンネのつけ方をご紹介。

まず、ボンネをつける位置にコームをさして、そしてコームの部分をヘアピン又はUピンで固定します。
コームをさしただけでは不安定な状態ですが、こうする事によって、ゆるふあのヘアスタイルにもしっかりと固定できるんです♪

綺麗に作ったヘアスタイルを崩さない為にも、つける前にどの位置につけるか、ボンネを頭に一度あててみてベストな位置が決まったら固定するのもポイントです。

結婚式当日は、いろんなシーンでお辞儀をしたり、移動したりと花嫁さんは座ってじっとしている訳ではありません。
なので、しっかりと固定していれば、うっかりおとしちゃった!なんてハプニングもふせげるし、安心ですよね。

簡単なボンネのつけ方に見えるかもしれませんが、なんだったら花嫁さんがダンスしたってへっちゃらだと思います( *´艸`)笑


ボンネのつけ方をマスターしたら、つける位置は自由自在♪♪♪


ボンネのつけ方が解れば、ヘアスタイルによってバランスをみながらつける位置を変えても大丈夫です。

ヘッドドレス ボンネ

ボンネとベール

ボンネを正面につけてベールを組み合わせると、挙式でも大活躍♪ベールダウンしてもOK。

ヘッドドレスボンネ

ボンネとベール

横みるとこんな感じ。ちらりと見えるボンネによって上品な雰囲気がうまれます♪

ヘッドドレスボンネ

ボンネをつけた時のバックスタイル

シンプルに見せたい場合は、後ろにボンネを付けるのもおすすめ。

正面から見た姿をシンプルにまとめたい時は、ボンネを後ろの位置に合せるのもひとつの方法です。
また、ドレスのトレーが長かったり、ぱっくりと大胆に背中があいたドレスだと、バックショットメインの写真は必ずおさえておきたいし、あとゲストの視線も自然と集まりますよね?
そんな後ろ姿にさりげなくつけたボンネは、そのシーンの演出をより効果的に見せてくれるはず。

その他にも【ボンネつけ方アレンジをヘアスタイル別にご紹介】しているので、ぜひ参考にしてみてください↓↓

https://www.lemusee.jp/howtobonnet.html


ボンネは正しいつけ方で、ヘアスタイルにあったベストな位置で♪


ヘッドドレス ボンネについて、そうだったのか!って思ってもらえましたか?

もし、ボンネを実際につけたいアイテムとして選んでも、つけ方の知識をもっていれば、ヘアスタイルを考えるヒントにもなりますし、きっとヘアメイクリハーサルへの準備の仕方も変わってくるはずです。

ぜひ、結婚式の準備の参考にしてくださいね(^^♪


ミュゼのヘッドドレス・ボンネのページはこちらです♪

ミュゼのヘッドドレスのページはこちらです。